無料メルマガ登録はこちらからどうぞヽ(´▽`)/
メルマガ購読・解除
0円情報局!
読者購読規約
>> バックナンバーpowered by まぐまぐ!
 




遺伝子がコーヒーを求めていた

イギリスの某大学の研究によると、
コーヒーを飲む量は遺伝子によって決められているのだとか。

「PDSS2」という遺伝子を持つ人は、
体内でカフェインの分解が阻害され、
コーヒーをあまり飲めないそうです。

つまりコーヒーが好きか嫌いかは、
この遺伝子によって左右されているというのです。

他にもコーヒーとDNAのトピックとして、
国立がんセンターがコーヒーを1日に3〜4杯飲む人は、
まったく飲まない人より死亡リスクが24%低いと発表しています。

またドイツの某大学では1日150mgのカフェインを取れば、
疲労感の緩和、注意力の向上、
DNAの自然崩壊の抑制につながると発表しています。

ちなみにコーヒーは過剰に摂取すると耳鳴り、目まい、
イライラ感、不安感につながることもあるので、
1日3〜4杯にしておきましょう。